【地価調査 - 2018年】 大阪府 大阪狭山市大野台2-1-11 [商業地] 【下落 (99.21%)】

2018年の地価調査は[127,000円/m²です。2017年は[128,000円/m²で、前年比 99.21%です。全国の平均価格(342,978円/m²)に比べて【低い】、都道府県の平均価格(844,789円/m²)に比べて【低い】、市区町村の平均価格(127,000円/m²)に比べて【同じ】、状況です。これを【商業地】の価格(127,000円/m²)で見ると、全国 1,825 位、都道府県 160 位、市区町村 1 位です。前年比(99.21%)で見ると、全国 3,319 位、都道府県 161 位、市区町村 1 位となります。
次に、3年前(129,000円/m²)と比較すると、-2,000円/m²の【下落】、下落率は 0.98% となります更に、5年前(129,000円/m²)と比較すると、-2,000円/m²の【下落】、下落率は 0.98% となります
    【周辺の地価情報】
用途 商業地
地積() 1467
利用の現況 銀行  
利用状況 _
施設 水道  ガス  下水  
最寄駅 南海金剛
駅距離(m) 2200 m
建坪率(%) 80 %
容積率(%) 300 %
2018
[商業地]
127,000
[上昇率:99.21 %]  ↓
順位 価格 上昇率
全国 1,825 位 3,319 位
都道府県 160 位 161 位
市区町村 1 位 1 位
平均価格 地点数 平均価格
全国 5,223 342,978 円
都道府県 166 844,789 円
市区町村 1 127,000 円
※価格は「1平方メートル」の価格です
全データ 価格 上昇率
全国
(21,563 地点)
4,369 位 12,557 位
都道府県
(689 地点)
439 位 582 位
市区町村
(6 地点)
1 位 3 位

価格推移・グラフ 【地価調査 - 2018年】 大阪府 大阪狭山市大野台2-1-11

【地価調査 - 2018年】 大阪府 大阪狭山市大野台2-1-11
周辺情報
年度 価格 上昇率
2018年 (H30) 127,000 円 99%
2017年 (H29) 128,000 円 99%
2016年 (H28) 129,000 円 100%
2015年 (H27) 129,000 円 100%
2014年 (H26) 129,000 円 100%
2013年 (H25) 129,000 円 99%
2012年 (H24) 130,000 円 98%
2011年 (H23) 133,000 円 99%
2010年 (H22) 135,000 円 96%
2009年 (H21) 140,000 円 97%
2008年 (H20) 145,000 円 100%
2007年 (H19) 145,000 円 106%
2006年 (H18) 137,000 円 100%
2005年 (H17) 137,000 円 99%
2004年 (H16) 139,000 円 95%
2003年 (H15) 147,000 円 86%
2002年 (H14) 170,000 円 88%
2001年 (H13) 193,000 円 90%
2000年 (H12) 215,000 円 88%
1999年 (H11) 245,000 円 91%
1998年 (H10) 269,000 円 94%
1997年 (H9) 285,000 円 90%
1996年 (H8) 316,000 円 93%
1995年 (H7) 340,000 円 92%
1994年 (H6) 370,000 円 97%
1993年 (H5) 380,000 円 87%
1992年 (H4) 438,000 円 64%
1991年 (H3) 680,000 円 77%
1990年 (H2) 880,000 円  %
※価格は「1平方メートル」の価格です
地価調査 2018年 【下落 (99.21%)】[商業地] 大阪府大阪狭山市大野台2-1-11 (127,000円)|【用途】商業地、【地積】1467m²、【利用の現況】銀行,、【利用状況】_、【周辺環境】銀行、小売店舗、スーパー等が建ち並ぶ近隣商業地域、【施設】水道,ガス,下水,、【最寄駅】南海金剛駅まで(2200m)、【建坪率】80%、【容積率】300%

「地価調査」について

「地価調査(基準地価)」は都道府県知事が国土計画利用法に基づき実施し、1名の不動産鑑定士による評価です。 都道府県が「7月1日」時点における調査地点の正常価格を調査、9月20日頃に公表しています。地価調査は更地1m²当たりの評価です。所在、価格、地積、土地利用状況、駅への接近状況等の情報が公表されます。